2019年09月13日

配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば間違いなく

配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば間違いなく。コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実がばれてしまうこともあります。

SNSだと誰の投稿か一見わからないので注意不足で相手が、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が珍しい事ではありません。場合によっては、浮気を裏付けるような記載を書き込んでいる可能性もあるのです。

ユーザーIDを見つけたなら検索してみて下さい。



GPS装置を用い、行きつけの場所の情報を探して、良く見える場所で観察し続けると、パートナーが現れるはずですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。

懐具合が心もとないときには、端末などで調べるのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

位置がわかる機械が仕込まれていることが発覚することがあります。


浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それはカッとなってしまう場合があるのです。

自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと自分を見失ってしまうケースがこれまでに多くありました。

貴方自身のためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。



いくら成功報酬制を採用していると言っても、仮に、浮気調査について依頼した場合には、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。

浮気しているのかは分からないまま、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査は完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。

信頼のできなくなったパートナーと人生を一緒に歩むのは相当な心の重荷になりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の請求をしておけば間違いなく別れさせられるはずです。




レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠を把握することもできる可能性があります。

まず、いつもなら好んで行くことがないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけるようになったら、いつもその近くに赴いている事になります。

そこで見続けていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

ラベル:今日の日記
posted by エバラ at 20:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする