2019年06月25日

より炎症が広がります

より炎症が広がります。ビタミンCの美容効果を期待して、レモンを直接顔に貼り付け、レモン果汁とオイルでパックする方法が流行ったこともありましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。すぐに止めましょう。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンに期待するのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

ニキビを無理に潰すと、膿が中から出てきます。

もっと潰すと今度は芯が出ます。これがニキビの原因となっているものですが、無理に潰して芯を出すことはあまりお勧めできることではありません。

だって無理に潰してしまうのですから、より炎症が広がります。

ニキビ跡として残ることもありえますので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。




女性によくみられるニキビの原因のひとつとして女性モルモンのバランスが保持されないことが関与しています。女性ホルモンのバランスは、ストレスを感じると容易に乱れてしまうということがわかってきました。さらに、生理前はとりわけ女性ホルモンが激しく乱れます。ニキビに悩まされる女性が増えるのもこの女性ホルモンの乱れこそが原因なのです。

女性の身体は、出産後しばらくの期間、妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大きく変化するため、様々なトラブルが起こるようです。シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産を終えると急激に減ってしまって、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。


色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線がなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。こうなる前は、一日が終わって肌がすごく疲れていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝には疲れがとれていたと思います。でも、38歳になって、またそれ以降は肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。




ニキビというのは再発しやすい肌のトラブルとなっています。

改善したからといって暴飲暴食や不摂生な生活をしていると、またすぐに再発します。ニキビができないよう予防するには、お肌をキレイに保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、たっぷりと睡眠を取る事が大切なこととなります。

ラベル:感想
posted by エバラ at 20:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする