2019年05月04日

いつ損切りするかを決めることが重要です

いつ損切りするかを決めることが重要です。FX投資をして得た利益は課税対象ですから、確定申告が必要になるのですが、年間を通して、利益を出せなかったケースではする義務はありません。でも、FX投資を続けようと考えているなら、利益が出なかったとしても確定申告をする方がいいです。

確定申告をしておけば、損失の繰越控除が使えますから、最長で3年間、損してしまった分を通算できます。

FX投資に取り掛かる際に忘れずにいて頂きたいのがFXチャートを理解することです。FXチャートとは、為替相場の動きをグラフとして書き表したものです。

数値ばかりではよく分かりませんが、グラフ化していくことで理解しやすくなります。

FXチャートの効果的な使い方を知らないと利益を上げることが困難なので、見方をいつでも頭に置いておいてください。




ここ最近よく見られますが、タブレットで空き時間にFX投資に勤しむ人が増えているようです。

自宅に戻ってノートやデスクトップの電源を入れチャートを見たりするより便利で、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。

チャートアプリなども大変充実してきましたので、FX経験の浅い人にとってもそう敷居の高いものではなくなっています。これ以降はさらに一層、スマートフォンもしくはタブレット端末、あるいは両方を使ってFX投資をする人々は増加する一方だと予測されます。



FXを始めたばかりの人は知識的にも経験的にも不利なので、取引で損することが多いです。FX初心者が勝つためには、いつ損切りするかを決めることが重要です。

また、1回の勝ち負けではなく、トータルで勝ったか負けたかを捉えるようにしましょう。

9回の売買で利益が出ても1回大きく負けることでトータルで負けを被ることもあります。

ラベル:備忘録
posted by エバラ at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする