2015年12月19日

また手にしたい専門書とか

また手にしたい専門書とか。紙のものはデータ化される時代なので、本も売れ辛く、絶版になる本が増え続けていますが、また出会いたいと思える本は、長く置いておきたいと思うものです。



もう出版がされない本はもう一度買いたくても手に入らない可能性があるし、自分の傾向では、自分の手元から離れても買ってしまいそうです。幼いころに出会えた本を何年後かに、探した上にやっと見つけてまた本棚に収められたら、それはとても大事な宝物です。宝物のように大事だと思える本をちょっとずつ増やす事、これは本好き冥利につきますね。ふと本棚を見ると、本のタワーが後から後から積み重なっていきます。

どうやら傾向があって、興味を追及するための本やすぐに必要な知識を吸収するための本、本屋のコーナーのおススメ本がひしめいています。買った本を読んだ後は、頭に入れたもの、実用的な知識、今後のために復習をする目的などで、頻繁に手にするかもしれないと思う本は処分はしない事にしています。



ラベル:今日の日記
posted by エバラ at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。