2018年05月22日

テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです

テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。

勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活を送れなくなったり、過労になりやすいのも、看護師が長続きしない理由の一部と思われます。




看護士だと、求人はたくさんありますが、望んでいる条件の求人がある訳ではありません。

看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいと大抵の方が思っているでしょう。

求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。




看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校を無事に卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。

看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。

修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。

結婚していて、子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤が求められない職場を求めています。

病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。




看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。

ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には記載されていないケースも珍しくありません。その点、看護専門のオンライン求人サービスには、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、求人元を「気風」という点からも検討できます。こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをしてもらえるケースもみられます。

ラベル:日々のこと
posted by エバラ at 00:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする